いなぎレポ

先輩ママが制作!「いなぎ子育てマップ」完成記念「けしごむハンコマッピング」レポ!

10/12金曜日、
稲城市内の若葉台バオバブ保育園の
スイミーの部屋にて、


けしごむハンコでマッピングした
「いなぎ子育てマップ」拡大判を作成しました!

「いなぎ子育てマップ」は、

有志で集まった市内の先輩ママたちの、

「稲城にもかわいい子育てマップが欲しい!」

という願いを形にしたもの。

4月のくらすクラスのイベント
ヒヤリングを行い、

 

集まった情報をもとに、

一件一件確かめて、

授乳スペースの有無などを

丁寧に調べてきたそう。

(4月のイベントの様子はこちら

 

この日は、今までマッピングに
関わっていない人もOKということで、

わたしも参加♪

 

ワークショップでは、

けしごむハンコ作家の方や

イラストを担当された方などとも。

クリエイティブな空気に満ちたなかで、

色やハンコ選びなど、

アイデアが次々と形になって行きました。

色紙の色合わせは
どの組み合わせがいいかな…

タイトルは筆文字で…

施設名は色鉛筆で…

 

保育園の子ども達とひとつ屋根の下、

木のぬくもりとやさしい空気に

アイデアや役割分担もスルスルとはかどります。

ハンコは、
多摩市側には動物園、

多摩川方面には魚…

 

など、その場所に合わせたものをチョイス。

同席したキッズも一緒にお手伝いしてくれました♪

施設の位置を示すハンコを

押す緊張の一瞬!

ハンコの色や位置も、

ひとつひとつ試し押しをして、

よりかわいく、
見やすくなるようにこだわっています。

「駅をもっと目立つようにできたらいいよね」

「電車マークとか?」

「じゃあハンコ作ろうか?」

 

その場にまだないハンコは、
なんとライブで制作!

 

イラストレーターさんと
はんこ職人さんの連携プレイで、
あっという間に電車のハンコが完成。

その間わずか5分。

 

すごいです!

マップの部数は限られているなか、

できるかぎり必要としている方に届くように、

市役所に子育て窓口に
置かせてもらうことにしたとのこと。

 

配布用のボックスもマップと同時進行で完成!

このマップは、第一弾の「赤ちゃん編」。

 

ということは、第二弾も…!?

拡大判は、赤いバス=iバスが走っていたり、

実際に鹿がいる場所(大塚牧場)に
鹿のハンコがあったりと、

「プチいな名物ぎ探し」ができる仕掛けも♪ 

ワークショップが行われた
スイミーの部屋は、

火曜と木曜の午前に子育て広場として

ひらかれている場所。

あたたかい木のおもちゃで遊んだり、

子育ての悩みを聞いてもらったりできます。

 

わたしもいっぱいお世話になった場所です。

(このくまちゃんでもずいぶんとあそんだなあ〜)

けしごむハンコを使った拡大版

「いなぎ子育てマップ」は、

このスイミーの部屋の入り口に貼ってあります☆

「いなぎ地図ラボ」のみなさん、
完成おめでとうございます!

 

マップは市役所などに設置中のほか、

ウェブでマップには載せきれない
詳細な情報が随時更新中とのこと☆


↓公式サイトはこちら↓

「いこねっと」

ぜひチェックしてみてくださいね!

Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る