おしらせ

南多摩×稲城長沼 えきまえを楽しもう Anniversary 2daysへ行ってきたよ!

2thアニバーサリー

4/22

南多摩×稲城長沼 えきまえを楽しもう

Anniversary 2daysの

二日目のくらす広場でのイベントに、

お祝いの無料撮影という企画で

参加して来ました。

天気は快晴、

高架下はやさしい風が通り抜けて、

とても過ごしやすい陽気。

たくさんの方が訪れ、

食事を楽しみながら、

テーブルでおしゃべりをしたり、

くらす広場

ステージを観たり、

一緒に体を動かしたり、

くらす市らしい、

ワークショップを

楽しんだりしていました。

行った方も、行けなかった方も、

そんなゆるっと楽しめる時間を、

写真でちょっと振り返ってみましょう♪

ガレット・ソーシス

まずは…

イベントといえば!のフードコーナー。

くらす市のフードの魅力は、

会話のきっかけとなるような、

一味違ったメニューがあること。

Cafe’ROSSARD」の

目の前で焼いてくれる

そば粉のガレットで

ソーセージを包んだ

フランス発祥の食べ物や、

宇宙さんぽ」の

地元稲城のタケノコを

使ったビリヤニ!

宇宙さんぽ

そんな、

ワールドワイドなメニューと一緒に

あたたかい木のおもちゃもあって、

まさに宇宙。

「HAVING FUN COFFEE」では、

道具のひとつひとつにも

こだわったコーヒーを提供。

たくさんの人で賑わっていても、

店主の想いを直接聞ける空気が、

くらす市にはあります。

kura-stand

1周年になる「kura-stand

(こちらもおめでとー パチパチ)

シャキシャキの野菜がおいしい

サンドイッチが人気。

いな暮らし

くらす広場代表の萌さんの営む

いな暮らし」では、

いつもは「お客さん」の方が

今日は一緒に「お店屋さん」。

シームレスな関係に、

心があたたかくなりました。

酒とくらす

フードエリアの奥のブース、

酒とくらす」付近は、

お酒を囲んで和やかなムード。

飲み比べてのアンケートや、

それを参考に買い求める方で

賑わっていました。

撮影者につき、

私は飲めませんでしたが、

お客として来たときに買うために、

一番飲みたいものに

ピントを合わせてメモ 笑

酒とくらす

続いて、

おとなりの「いなぎ地図ラボ」さんへ。

なんと稲城の3D地図を作るという、

ワークショップを実施。

触れる街地図。

よく見ると、

線で道なども示してある細かさ!

土台の厚みが地層にも見えて…



(鑑賞中)

ほんと、美しい

また、

自分の知っている稲城の情報を集めて、

子育てに役立つマップを作る企画も。

わたしも1枚貼らせてもらいました。

どう反映されるか楽しみです。

イベントといえば、

子ども達に大人気のバルーン。

バルーンえんじぇる」さんは、

お手伝いしていたお嬢さんも

実はプロ並みの腕まえ。

この帽子のような立体的な作品も、

幼稚園児の頃から作れるとか…!

!  す ご  す  ぎ  で  す  !

一番奥のブースの「濱陶器」さんは、

稲城の土を使って作った陶器を販売。

陶器に適した土を求めて、

何年も試行を重ねたそう。

土地の歴史を写したような

色合いに魅せられます。

オブジェとしても使いたくなる、

あたたかくも洗練されたデザインです。

LUMO

レーザーカッターで

今回初出店のLUMOさんでは、

星座のキーホルダーなどの販売のほか、

お好みのデザインを

レーザーでプリントする企画も。

プリントに使う装置は、

海外から部品を取り寄せて

組み立てたんだそう。

かっこいい…。

お隣は、

稲城の風土にあった

家づくりを提案している、

大丸建設」さん。

大丸建設

木の手触りを味わいながら楽しめる

ワークショップコーナーは、

子ども達にも大人気!

 

好きなデザインのけしごむはんこに、

名前を刻んでくれる、

おなまえハンコ「西野さん」

ブース前は、

デザインを選ぶお客さんでいっぱい。

撮影中なのに、

思わず見入ってしまいました。

わたしも作りたかった…!

服を着たままで

深層リンパを流せるという、

salon choco

ハーブ畑と春風を感じながらの施術。

これは気持ちよさそう。

サロンでは、

リンパアクティベーションのほか、

自爪の健康美にこだわった

ネイルも行なっているそうです。

Majoran」のブースでは、

デトックス整体でゆったりとした

リラックスタイムを。

アロマクラフト

稲城産の植物を使った

アロマクラフトもあり、

オーガニック精油は

マッサージにも使われていて、

ほんのり優しい香りが漂っていました。

美しい作品の数々に、

さっそく母の日のプレゼントを

買いたくなる

C-candle」のブース。

上の写真は「点さないキャンドル」

というコンセプトの、

香りを楽しむオブジェだそう。

キャンドルだけで

写真集が作れそうな美しさでした。

(うっとり)

くらすクラスのガーデン部」での、

ハーブブーケづくりはなんと…

ブーケの素材を自分で摘める…!

摘みとる過程も楽しいワークショップ。

自分もガーデン部に

参加したくなってしまう、

くらす市だからできる、

ワークショップでした。

イベントスペースの一番奥では、

子供達が体を動かせる、

うれしいエリアが。

その名も「バルシューレ」体験。

ball=ボール +  Schule=学校

さて、どんなものなのかというと…

投げたフラフープにボールを通す!

これは親子でもやってみたい。

(もちろん、ボールは親子交代で)

ペアテラス前も、

魅力的なステージが続きます。

ステージの大トリは「鼓遊」。

大迫力の演奏に

魂を揺さぶられます。

なんと今年で20周年!

6/10には

チャリティーコンサートもあるそうです。

ガーデン部

くらす市は、

稲城長沼駅高架下のくらす広場で、

2ヶ月に1回開催されています。

次回は、

稲城っ子におなじみのヒーローも登場!

無料撮影会と、

ミンカのブースではじまった、

絵本のバトン」の様子を

ご紹介します。

^_^

おたのしみに

Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。